歯医者で掛かる金額

治療内容別、治療費相場

歯医者で働いた経験から、気になる治療費の相場をまとめてみました。歯が痛い…虫歯になってしまった…ぜひ参考にしてみて下さい。 まず、医療機関に行く際は必ず健康保険証を持参しましょう。歯医者に限らず、保険が適用される治療の場合は患者の負担は3割です。もし健康保険証がない場合、10割負担となってしまいますのでご注意を。 初めて行く歯医者では、治療費の他に「初診料」というものが加算されます。治療内容が軽度の虫歯ですと、初診料含めおおよそ3千円前後となります。健康保険証がない場合の10割負担となると…簡単な治療なのに1万円前後かかってしまうという事になります。初めて歯医者に行きますという方のお問い合わせで一番多かったのはこの内容でした。 歯茎が腫れたり痛みが強い場合、中度の虫歯となってしまっています。そうすると実際に削ったり詰め物の型をとるなどの治療内容になってくる為、もう少し治療費がかかります。おおよそ5千円前後でしょう。 更に、もう歯を抜くしかないような重度な虫歯になると、抜歯自体はさほど治療費がかからないものの、その後の治療内容では7千円〜2万5千円と、大きく変わります。

約2万円の差とは一体…

簡単に治療費の相場を挙げましたが、気になるのは重度の虫歯の治療費だと思います。なぜ約2万円もの差があるのか。抜歯後の治療には様々な種類があります。保険適用内では「ブリッジ」「部分入れ歯」、保険適用外では「インプラント」。その違いをご説明します。 保険適用内の「ブリッジ」。抜歯した部分の両隣の歯を削り、橋渡しをするように人工の歯をつけるものです。 次に「部分入れ歯」。若い方には抵抗があるかもしれませんが、健康な歯を削る必要がなく、取り外しが可能な為手入れは簡単です。 保険適用外の「インプラント」。抜歯した部分に土台となるネジのようなものを埋め込み、そこに人工の歯を装着するものです。見た目、機能性にとても優れています。ただし、ブリッジや部分入れ歯のように誰でも受けられる治療とは言えません…なぜなら、治療費が高額なのです。そこに、約2万円の差が生まれるのです。更に治療費がかかる可能性もあります。安く治療出来る歯医者では、1本10万円弱で出来る医院もあります。しかし、インプラントの平均治療費は1本32万5千円です。 見た目、機能性、将来性を見据え、良く考えた上でご自分に合った治療を選択して下さい。

ページのトップへ戻る